2014年11月08日

久々にリキの夢を見る



ニュースで栃木県の川や山の中に

多くの犬の死骸が・・・

が、きっと気になっていたのだろう・・・

久々にリキの夢を見た。

夢の話なのでストーリーが繋がっていない

場面は昨年の12月

当時はもうリキは自力では歩けず

寝たきりだったのだが夢では

リキが家を抜け出して夜中に

近所を大捜索している場面から始まる。

探せど探せどリキは見つからず

近所の方や出会う人に

リキを見かけなかったか聞いて周る。

物凄く焦っている自分・・・

雨が降ってきてあたりは真っ暗

そんな中、子犬の鳴き声が聞こえてくる

空き地の草むらに置かれたダンボールに

子犬が一匹

上着の中に入れてやり一緒に

リキを探すが見つからず

もしかして・・・家に戻っているかも?

急いで家に帰り女房にリキは戻ったかと聞くと

女房が・・・『リキは昨年虹の橋を・・・』と。

そして上着の中からリキの子犬のときに

そっくりな柴犬が・・・

ここで目が覚めた。

来月でリキが亡くなって一年

まだ家のどこかに?

私の気持ちの中に・・・

リキは生き続けている・・・
posted by オトン at 09:54| Comment(0) | 老犬介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。