2014年12月16日

あれから一年。今リキは・・・


リキが虹の橋を渡って今日で一年

今頃、多くの仲間たちと出会って

走り回っているのだろうか・・・

現在、老犬や闘病中の犬を飼われている方は

本当に大変だと思いますが

亡くなって居なくなると

その存在感の大きさや

もっとあの時・・・

もっと色々と・・・

の後悔ばかり・・・

リキ14.jpg

タクヤは心配でリキのそばで寝たり

リキ4.jpg

リキもまたいつもタクヤのそばに・・・

リキ15.jpg

徘徊が始まりゲージの中でもクルクルまわり

足から出血して朝には真っ赤なサークルが・・・

リキ17.jpg

爪で皮膚を傷つけてしまうので

包帯やサポーターを付けるより

トレーニング用のゴムチューブを切って

爪に差し込むのが一番有効だったり

老犬リキ3.jpg

最後はシリンジで餌を与えたり

若い時からアレルギーや癌の手術

そして心臓でニトロを三年間服用し

月2回はステロイドの皮下注射

リキとの約18年は常に何らかの病気で

毎月病院に通ったが

リキが我が家に来たことで

障害を持つタクヤにとっては

本当に良い刺激や本当の兄弟のような

見ていても不思議としか思えない関係が

タクヤとリキにはあった。

リキはこれからもタクヤの中に生き続け

見守ってくれることだろう。

リキよ。

今はどんな所にいるんだ?

楽しいか?

走り回れているか?

たまには夢に出てきてくれな。
posted by オトン at 06:27| Comment(1) | 老犬介護日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。